World Natural Heritage World Geopark The First National Forest Park of China        [Chinese] [English] [Japanese] [Korean] [Russian] [German] [French]

Position: >> JAPANESE >> 張家界の概況 >>張家界観光資源

張家界観光資源

Collect Print Share 2011-5-31- 14:46
張家界観光資源について 張家界の観光網 Z$j{x^wQ

張家界は観光資源が非常に豊かである。ここには世界自然遺産、武陵源を体表とする自然の観光資源があるだけでなく、普光禅寺、革命時代の有名な元帥である。賀龍の記念館などの人類文明による観光資源もある。張家界の観光網 ao e*Y"f.l!eG
張家界の観光網 v6tr q0J*h|v
1石英砂岩峰林

O7q P:wQ*fd}'@)A:U0 張家界の観光網q;}:I"p3]S+O

張家界の観光資源の中で、最も特徴的、典型的な部分である。密集する石峰の及びただし数と風景とあまりにも垂直な輪郭、茂っている草木である。その様子の奇怪さは、世界のほかの石峰の風景とはまるで違う。全体的特徴から言えば、世界でただ唯一のもの、かけがえのない景観であり、世界的に価値あるものである。その石英砂岩峰林は主に張家界と、天子山と索渓峪の三つの風景区にある。張家界の観光網,K-w`%s&CT.Xr

張家界の観光網F%z;q5COkKs

 張家界の観光網n!yN0]7\1h O
張家界の観光網&["W-kt-N
2鍾乳洞 張家界の観光網5a+O*\n5q'bb

張家界の観光網c+maUV4J9@%Xi

鍾乳洞は張家界の景観の中でも重要なものである。その規模の大きいこと、多様な構造、立派な鍾乳石、そのおびただしい数と、鍾乳洞と河がつながっていることで、世界に名を馳せている。有名な洞窟には、全国でもっとも奇観も誇る洞窟の黄龍洞、アジアで一番の九天洞がある。

4V!?_*^h!g6@A0 張家界の観光網hgLn6s;[


iG$Ha;[T G1n0
5Z*^dix%ma03川上の漂流 張家界の観光網3P I3R+\7}K%k?#B

Ne^#cU l0張家界は山が高く、谷が深く、水位の落差が大きいため、川下がりにちょうどよい。ここでは中国で始めてゴムボートを採用した茅岩河下がりや、娄水下がりでき、周辺では、川下がり全国一と言われている猛洞川下がりができる。張家界の観光網b I [;t4F)o1p

張家界の観光網u#tjN,`9V9^


%TTX+_h0張家界の観光網*v n9Q*?4Z0l(`;\vH
4森林公園 

WT])I EyS A0

!TC w3H\{OS$l8{0張家界は広く森林に覆われていて、その植生の保護はすっかり整っており、原生のままの森林の中に生き残った稀少植物が豊富にある。そこで我が国初めての国家森林公園が張家界で誕生した。その後、天門山、八大公山が相継いで、国家森林公園となった。これ他は動植物資源科学の実地調査には最も理想的な場所である。

"L9V(W&Db{3i)CA0 張家界の観光網6x sU T*Ma{8T%a"d

 張家界の観光網b\:y,aWNq

itU|yo"n'm4}05お寺の観光

RmY2~ |x/G4n0 張家界の観光網Qd-U-hDX^!y \

張家界のお寺は主に明朝初期に建てられた。儒教、仏教、道教の三が合わさり、「江南の有名な寺、普光禅寺」ど呼ばれた。「南武当」と「南楚一の名山」とたたえられた江南の道教の名勝地、五雷山もある。張家界の観光網vAjw'x [ pY9U5N6i

張家界の観光網+iPE/A[%IAlE

張家界の観光網%v6W%t DsE/F6V
張家界の観光網u"i&ad6t } s:U FbW
6石窟張家界の観光網2O0RO\nV'W

P+T4Rz!xi;o0張家界の玉皇洞石窟は湖南省最大で、最も保存状態がよく、美学的に非常に観賞価値が高いとされている。

kE.xd5bp0^0 張家界の観光網0Ga&@:ir/MX I

 
!c}5J y'GI0張家界の観光網X-`9pv6P0?R^6g
7民族文化観光張家界の観光網?n7S}YS1GJk3_

OD:f-C$WH,t0張家界は複数の少数民族が寄り集まっており、土家族、白族、苗族が長い歴史のなかで、輝かしい文明を作り上げた。その飲食、住居、婚姻様式、文学芸術が、民族の特色がはっきりしている。秀華山館、土家風情園、苦竹鎮では少数民族の風上を全面的に見える。

7]&Y-xSH!OV2^O0

mqV9E+A2I `I0

y2I7\*dOL'TSr#\,V)cZ0
Previous Article Next Article