World Natural Heritage World Geopark The First National Forest Park of China        [Chinese] [English] [Japanese] [Korean] [Russian] [German] [French]

Position: >> JAPANESE >> 張家界の概況 >>張家界観光資源

張家界観光資源

Collect Print Share 2011-5-31- 14:46
張家界観光資源について 張家界の観光網Dhd a|VIxJz&p

張家界は観光資源が非常に豊かである。ここには世界自然遺産、武陵源を体表とする自然の観光資源があるだけでなく、普光禅寺、革命時代の有名な元帥である。賀龍の記念館などの人類文明による観光資源もある。張家界の観光網 NA)i9T,U1dY
張家界の観光網*^,dR6A'Ov*D OO6Z
1石英砂岩峰林

.~#er;EIxO9G0 張家界の観光網v6a.yRkQ+G[

張家界の観光資源の中で、最も特徴的、典型的な部分である。密集する石峰の及びただし数と風景とあまりにも垂直な輪郭、茂っている草木である。その様子の奇怪さは、世界のほかの石峰の風景とはまるで違う。全体的特徴から言えば、世界でただ唯一のもの、かけがえのない景観であり、世界的に価値あるものである。その石英砂岩峰林は主に張家界と、天子山と索渓峪の三つの風景区にある。

@&ysh _I,f/e0 張家界の観光網\n(BIU/H7S$k

 
YI~4z)o0張家界の観光網EN+kGmmd
2鍾乳洞 張家界の観光網Mgc,r5]/D)MWx?

張家界の観光網+SW ej#A3` ]f

鍾乳洞は張家界の景観の中でも重要なものである。その規模の大きいこと、多様な構造、立派な鍾乳石、そのおびただしい数と、鍾乳洞と河がつながっていることで、世界に名を馳せている。有名な洞窟には、全国でもっとも奇観も誇る洞窟の黄龍洞、アジアで一番の九天洞がある。張家界の観光網0~#xIJ9`:u

MwR9zW0張家界の観光網mI3q4X$~z%l*at
張家界の観光網j F:Q2x6n5B7ARy6L
3川上の漂流

:\^`n:w'd0 張家界の観光網3hB8BSWq

張家界は山が高く、谷が深く、水位の落差が大きいため、川下がりにちょうどよい。ここでは中国で始めてゴムボートを採用した茅岩河下がりや、娄水下がりでき、周辺では、川下がり全国一と言われている猛洞川下がりができる。

ES(LF)a3C oZ0 張家界の観光網1h F3\1F8C4k*tc


,T4? Co6Yw6c yK J#\i0張家界の観光網FQ/N qXq9G
4森林公園 

[L(E}q0

)l.CY5O9qXJ,~(V0張家界は広く森林に覆われていて、その植生の保護はすっかり整っており、原生のままの森林の中に生き残った稀少植物が豊富にある。そこで我が国初めての国家森林公園が張家界で誕生した。その後、天門山、八大公山が相継いで、国家森林公園となった。これ他は動植物資源科学の実地調査には最も理想的な場所である。

]'Y@DLD&EhM)]0 張家界の観光網)n zT9FM%W~7?,U

 張家界の観光網_f+?#vF5h%X;yj

Wb!u$eS$N f'O05お寺の観光

cI'x^b\$GO6}tQ0N8T0 張家界の観光網F8Q?*xBK)D

張家界のお寺は主に明朝初期に建てられた。儒教、仏教、道教の三が合わさり、「江南の有名な寺、普光禅寺」ど呼ばれた。「南武当」と「南楚一の名山」とたたえられた江南の道教の名勝地、五雷山もある。

ye)G5j6q!a&L8u0 張家界の観光網9c\F9s f cj#n


A{i%R l},FNJt.q0張家界の観光網"}I#j(k f2kJ@1MF2H
6石窟張家界の観光網.U1Ku yC+[2Lzr W

8];V*Q0gh6{)|0張家界の玉皇洞石窟は湖南省最大で、最も保存状態がよく、美学的に非常に観賞価値が高いとされている。

l y.J(Aj T`*U0

P,nI,T}0 張家界の観光網 P3j.M iOz+[:?

%v(r(\N A1B `-f9_07民族文化観光

r:rP+a R7Iv7`*k0

q:Q u0n1X$f$Z*eK.?T0張家界は複数の少数民族が寄り集まっており、土家族、白族、苗族が長い歴史のなかで、輝かしい文明を作り上げた。その飲食、住居、婚姻様式、文学芸術が、民族の特色がはっきりしている。秀華山館、土家風情園、苦竹鎮では少数民族の風上を全面的に見える。 張家界の観光網8}%E:~oPuBh`

張家界の観光網3d4q*f0` or

張家界の観光網n8u L6Q'?!G5x

Previous Article Next Article